ページ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

なりたい理由

私が作業療法士になるために勉強し、国家資格を取り、そして今、求人を探しているのには理由があります。

作業療法士と言うと、このご時世にあっても、仕事にあぶれることはないと言われるくらい、社会的なニーズのあるお仕事。だから、先行き不安な人生を送りたくない、安定した仕事に就きたいという考えがあったことは否定しません。ただ、作業療法士になるにあたって、利己的な考え方ばかりでは、とてもやっていけないだろうということは最初からわかっていました。
身体機能、あるいは精神機能に問題を抱えていて、誰かの助けが必要な人のために働く。作業療法士になるということは、「他人のためになること」を一生の仕事にするということです。利己的な考えで作業療法士になったって、その働き方が身に合わなければ、安定も何もないでしょう。

私があえて作業療法士の求人を探している理由には、その「人のためになること」を仕事とする姿勢に対して、あこがれがあるということ。そして、母のことがあります。
私の母は、精神機能に問題を抱えていて、誰かの助けがなければ日常生活を送ることができません。これまで、多くの作業療法士の方に援助してもらっていたという事実があります。家族だけでは、とても母の面倒を見ることはできません。作業療法士の方に、私たち家族も助けてもらっているのです。

母に対して、専門的な知識を持たない私ができることはあまりに少なく、頼りっぱなしになっています。だったら、自分も専門的な勉強をしよう、自分で母の面倒を、そして同じように助けの手を必要としている人の役に立てる人間になろうと考え、作業療法士の資格を取りました。

求人を探している今、私は本当に、母を助けてくれている方たちのように働けるのかという不安があります。まずは、一から現場のことを学べるような、自分に合った求人を探すことから始めていきたいと考えています。

MRの求人をご検討の方が居ましたらこちらで詳しい情報が掲載されていますよ。医療に携わりたいという方は一度チェックしてみてください。

Copyright © 2008, 作業療法士として、求人に臨む All Rights Reserved
Powered By WordPress WP-Theme By eLynex Sponsored By Internet Entrepreneur and Bar Jobs Glasgow